2010年08月15日

真夏のオリオンの感想



真夏のオリオンの感想ですけど

潜水艦物の映画って、緊迫感があり

全般好きです。

はまったのは、

これ見てからですけど…exclamation×2

真夏のオリオンは、主演の玉木宏さんが

撮影する前に、リアリティを出す為か

かなり激やせして臨んだことは、よく知られていたので

期待してました。

期待どうりの作品だと思います。

戦争の愚かさ、醜さ、悲しさは作品の中に

出ていましたし、やっぱり緊迫感(圧迫感)が

すごいですね!!


真夏のオリオン


posted by TOMOちゃん at 23:12| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ともnikki CMSとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。